市場ニュース

戻る

【材料】アドテストが買い気配、前期税引き前が上振れ着地・今期は43%増益へ

アドテスト <日足> 「株探」多機能チャートより
 26日、アドバンテスト <6857> が決算(国際会計基準=IFRS)を発表。18年3月期の連結税引き前利益は前の期比61.6%増の242億円に伸び、従来予想の190億円を上回って着地。続く19年3月期も前期比43.2%増の347億円に拡大する見通しとなったことが買い材料視された。

 今期も半導体テスター市場の活況が続くなか、半導体メモリー用検査装置の販売が拡大するほか、車載向けなどの非メモリー用も伸びる。想定為替レートは1ドル=105円、1ユーロ=135円に設定した。

 業績好調に伴い、前期の年間配当を26円→32円(前の期は25円)に増額したことも好感された。なお、今期の年間配当は未定とした。

株探ニュース

日経平均