市場ニュース

戻る
2018年04月18日07時00分

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 ディアライフ、戸田建、Minori (17日大引け後 発表分)

ディアライフ <日足> 「株探」多機能チャートより

 17日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 ディアライフ <3245>   ★非開示だった今期最終は47%増で最高益、配当も2円増額へ
 ◆非開示だった18年9月期の最終利益(非連結)は前期連結比46.7%増の19.5億円に拡大し、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。保有する連結子会社パルマ <3461> [東証M]の株式を日本郵政キャピタルに売却することに伴い、売却益約6億円が発生することが最終利益を押し上げる。なお、パルマは連結対象から外れる。
  併せて、期末一括配当を従来計画の19円→21円(前期は17円)に増額修正した。

 戸田建 <1860>   ★前期経常を21%上方修正
 ◆18年3月期の連結経常利益を従来予想の272億円→330億円に21.3%上方修正。増益率が横ばい→21.3%増に拡大する見通しとなった。前期業績の上方修正は2月に続き、3回目。生産性向上に向けた取り組みが進展し、建設事業の工事採算が想定より上向いたことが寄与。
  予想PERが12.4倍→9.7倍に低下し、割安感が強まった。

 Minori <3822>   ★前期経常最高益予想を9%上乗せ、配当も3円増額
 ◆18年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の13.7億円→15億円に9.1%上方修正。増益率が1.4%増→10.6%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。通信業向けや公共系のソフトウエア開発の受注が順調に推移するなか、プロジェクト管理における生産性向上や好採算案件が増加したことなどが利益を押し上げた。
  業績好調に伴い、前期の年間配当を従来計画の33円→36円(前の期は33円)に増額修正した。

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均