市場ニュース

戻る
2018年03月15日08時44分

【特集】大幸薬品 Research Memo(3):例年を大きく超えるインフルエンザの流行拡大

大幸薬品 <日足> 「株探」多機能チャートより

■トピックス

1. インフルエンザの流行拡大
この冬のインフルエンザシーズンは、2017年12月中旬から本格的な流行期に入った。例年(過去5年平均、昨年)よりも早いペースで流行が拡大し、ピーク時期は長くかつピーク時期の患者数は例年に比べて多い。今年の特徴としてはA型とB型が同時に流行し、流行は欧米を含めて世界的に拡大した。大幸薬品<4574>のクレベリン製品群は、二酸化塩素により空間のウイルスを除去する働きがあるため、インフルエンザの流行拡大は、販売の追い風となる。2018年3月期第3四半期の業績にはその影響はほとんど(12月中旬以降のみ)反映されていないが、第4四半期(1月-3月)の感染管理事業の業績は例年以上の売上高・利益が期待できるだろう。なお、足元好調が推測されるも同社が業績上方修正を行っていないのは、例年、インフルエンザ流行終息による返品リスク、広告宣伝費の追加投資等の可能性があり、第4四半期(1月-3月)はコスト比率が高くなる傾向があるためと想定される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《MW》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均