市場ニュース

戻る

【材料】オンコリスバイオがOBP-1101に関するロシア特許査定を取得

オンコリス <日足> 「株探」多機能チャートより
 オンコリスバイオファーマ<4588>がこの日の取引終了後、がんの体外検査薬として開発を進めているOBP-1101(テロメスキャンF35)について、ロシアで特許査定を受けたと発表した。

 今回登録された特許は、テロメスキャン(OBP-401)の遺伝子配列の中に、正常血液細胞での遺伝子発現を抑制するマイクロRNA干渉遺伝子を組み込み、より特異的にがん細胞を蛍光発光させる、制限増殖型アデノウイルスに関するもの。同社ではOBP-1101をカバーする複数の特許を既に保有しているが、今回の特許査定により、ロシアにおける特許保護期間が最長で32年2月まで延長されることになるという。

 なお、同件による17年12月期業績への影響はないとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均