市場ニュース

戻る
2017年10月31日14時17分

【材料】ナカバヤシは後場プラスに転じる、9月中間期業績が計画上振れ着地

ナカバヤシ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ナカバヤシ<7987>は後場プラスに転じ年初来高値を更新している。午後1時ごろ、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、売上高が従来予想の265億円から265億8000万円(前年同期比3.1%増)へ、営業利益が7億5000万円から7億7400万円(同13.0%増)へ、純利益が4億円から5億7200万円(同49.3%増)へ上振れたようだと発表しており、これを好感した買いが入っている。

 印刷製本関連事業やデジタルガジェット関連事業の売上高が予想を上回ったことに加えて、原価率が予想を下回ったことや、為替差損などの営業外費用が予想を下回ったことが寄与した。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均