市場ニュース

戻る
2017年08月10日15時13分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):ニチリン、エンジャパン、資生堂

ニチリン <日足> 「株探」多機能チャートより
■ニチリン <5184>  3,085円  +504 円 (+19.5%) ストップ高   本日終値
 ニチリン <5184> [東証2]がストップ高まで買われ、上場来高値を更新した。9日に発表した17年12月期上期(1-6月)の連結経常利益が前年同期比48.4%増の43.9億円に拡大して着地したことが買い材料視された。国内や中国で主力の自動車用ホースが好調だったほか、二輪用もアジアを中心に受注が伸びた。生産性向上や原価低減を進めたことも大幅増益の要因となった。業績好調に伴い、通期の同利益を従来予想の66億円→83億円に25.8%上方修正。増益率が4.1%増→30.9%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。併せて、今期の年間配当を従来計画の36円→42円(前期は34円)に増額修正したことも支援材料となった。さらに前日終値ベースの予想PERが7.5倍→5.5倍に低下し、割安感がさらに強まったことも買いに拍車を掛けた。

■エン・ジャパン <4849>  3,705円  +530 円 (+16.7%)  本日終値
 エン・ジャパン <4849> [JQ]が続急伸し、年初来高値を更新した。9日に発表した18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益が前年同期比58.4%増の27.5億円に拡大して着地したことが買い材料視された。利便性向上やテレビCM効果などによる利用者拡大を背景に、主力の求人サイト「エン転職」の広告掲載料が大きく伸びたことが寄与。人材紹介事業で成功報酬が増えたことも増益に貢献した。第1四半期業績の好調に伴い、通期の同利益を従来予想の76億円→82億円に7.9%上方修正。増益率が11.0%増→19.7%増に拡大し、従来の10期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。

■資生堂 <4911>  4,420円  +535 円 (+13.8%)  本日終値  東証1部 上昇率2位
 資生堂<4911>が寄り付き大量の買いを集め5日ぶり急反騰、4400円台まで上値を伸ばし上場来高値更新。同社は9日取引終了後、17年12月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を9400億円から9650億円(前期比13.5%増)へ、営業利益を455億円から560億円(同52.3%増)へ、最終利益を260億円から325億円(同1.2%増)へそれぞれ増額した。しわを改善する「エリクシール」美容濃密リンクルクリームなどが売り上げを伸ばして収益に寄与、インバウンド需要も追い風に中高価格帯のブランドが好調で会社側の想定を上回る見通し。これを材料視する買いが流入し、気配値のまま6月20日の上場来高値4135円を上回った。

■リゾートトラスト <4681>  2,240円  +241 円 (+12.1%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
 会員制リゾートホテル最大手のリゾートトラスト <4681> が急反騰。9日に発表した18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益が前年同期比4.7倍の20.9億円に急拡大して着地したことが買い材料視された。昨年8月に販売を開始した「ラグーナベイコート倶楽部」の会員権販売が好調だったことが寄与。3月に開業した「エクシブ湯河原離宮」のホテル運営収益と会員権販売収益も業績拡大に貢献した。

■ダブル・スコープ <6619>  1,956円  +206 円 (+11.8%)  本日終値  東証1部 上昇率6位
 ダブル・スコープ<6619>が急騰。同社はリチウムイオン電池用セパレーターを製造販売し、世界的な電気自動車(EV)シフトの動きを背景としたリチウム電池需要の逼迫が取り沙汰されるなか、関連株の一角としてマーケットの注目度が高い。ところが、前週末4日取引終了後に、17年12月期の連結業績予想について、売上高を120億円から100億円(前期比10.5%増)へ、営業利益を24億円から10億円(同57.8%減)へ下方修正、中国市場で販売数量が減少したほか、生産ラインの改修にともなうコスト増などが影響したもので、これを受け週明け7日は値幅制限いっぱいの500円安に売り込まれた経緯がある。きょうは、前日引け後に発表した中期経営計画「Vision2020」の策定が反転の材料となった。同中期計画では2020年までに16年比で生産規模を3倍にする設備投資計画に取り組んでいることを発表、また20年12月期の連結営業利益を100億円(今期予想10億円)とする目標数値を掲げており、これを材料視する買いを呼び込む格好となった。

■三井金属 <5706>  550円  +56 円 (+11.3%)  本日終値  東証1部 上昇率7位
 三井金属<5706>は大幅続伸し年初来高値。同社は9日取引終了後、18年3月期2四半期累(4~9月)の連結業績予想の上方修正を発表した。従来予想の売上高2230億円を2420億円(前期比20.7%増)へ、営業利益130億円を170億円(同25.5%増)へ、最終利益80億円を100億円(同95.8%増)へそれぞれ増額した。機能材料セグメントの主要製品であるキャリア付極薄銅箔や、排ガス浄化触媒、スパッタリングターゲット(電子機器に使用される薄膜材料の原料)の主力であるITO(インジウム・錫酸化物)などの需要が堅調に推移していることが業績予想の上方修正につながった。

■トラスト・テック <2154>  2,573円  +251 円 (+10.8%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
 製造業向け技術者派遣などを手掛けるトラスト・テック<2154>が後場急伸し、年初来高値を更新した。同社はきょう正午に、18年6月期通期の連結業績予想を公表。営業利益は42億5000万円(前期比32.0%増)を見込み、年間配当は前期比10円増配の55円とする方針を示した。売上高は515億円(同19.7%増)を予想。主力の技術系領域では、輸送用機器や電気機器といった機電系エンジニアのさらなる伸長に加え、IT分野の事業拡大を進めるとしている。なお、同時に中期経営計画も発表し、「売上高の年率20%以上の成長スピード維持」や「連結営業利益の年率20%以上の増加」を掲げている。

■東洋炭素 <5310>  2,168円  +211 円 (+10.8%)  本日終値  東証1部 上昇率9位
 東洋炭素<5310>は大幅高で5日続伸し、年初来高値を更新。同社は9日取引終了後、17年12月期通期の連結業績予想の上方修正を発表した。売上高を310億円から325億円(前期比0.1%増)へ、営業利益を15億円から19億円(同2.9倍)へ、最終利益を15億円から16億円(同5.6倍)へそれぞれ増額した。売上高では、エレクトロニクス分野向けにカーボンブラシの需要が回復したことや、想定に比べて為替レートが円安に推移したことが貢献した。営業利益では、売上高の増加に加え、固定費削減などの構造改革の取り組みが一段と進展したことが寄与している。あわせて発表した第2四半期累計の連結決算は売上高165億6400万円(前年同期比2.2%減)、営業利益13億2600万円(同2.6倍)、最終利益11億2900万円(同4.7倍)だった。

■マツキヨHD <3088>  7,500円  +650 円 (+9.5%)  本日終値  東証1部 上昇率10位
 マツモトキヨシホールディングス <3088> が急反発し、上場来高値を更新した。9日に発表した18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益が前年同期比13.2%増の88.4億円に伸びて着地したことが買い材料視された。主力の小売事業で22店舗を新規出店した効果に加え、利益率の高いプライベートブランド商品の販売が拡大したことが収益を押し上げた。商品別では化粧品や医薬品が伸びた。また、インバウンド需要は引き続き好調だった。

■大日精化工業 <4116>  1,025円  +88 円 (+9.4%)  本日終値
 大日精化工業<4116>は3日ぶりに大幅反発し、年初来高値を更新。同社は9日取引終了後、18年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算を発表した。売上高は411億8600万円(前年同期比5.4%増)、営業利益は38億5700万円(同34.6%増)、最終利益は28億8300万円(同5.9%減)だった。化学品事業で、車両業界向けのコンパウンド(研磨材)や海外向けの着色剤が好調に推移しているのに加え、高分子事業で、車両業界向け内装用材料が海外でに堅調となっているほか、アパレル関連の樹脂や成型用材料が伸長をみせていることが寄与している。業績予想は従来見通しを据え置いた。通期業績は売上高1610億円(前期比2.4%増)、営業利益110億円(同8.2%減)、最終利益83億円(同16.6%減)を見込んでいる。

株探ニュース

日経平均