市場ニュース

戻る
2017年03月22日08時56分

【市況】今日の日経平均はこうなる~19000-19300円のレンジを想定

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

【小幅安となる】19000-19300円のレンジを想定=村瀬 智一

21日のNY市場は大幅に下落。オバマケアの廃止を含む医療保険関連法案で、共和党内の調整が難航していることが嫌気され、今後の政権運営への先行き懸念から強まったようだ。ダウ平均は237.85ドル安の20668.01、ナスダックは107.70ポイント安の5793.83。シカゴ日経225先物清算値は大阪比340円安の18970円。円相場は1ドル111円台半ばでの推移に。

シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、これまでのもち合いレンジ下限を試す展開になりそうだ。25日線、75日線にほか、一目均衡表の転換線、基準線を下回り、雲上限レベルでの攻防になりそうである。これにより、遅行スパンは下方シグナルを発生させてくる。また、支持線として強気意識されていた13週線を割り込んでくる可能性がある。

ただし、足元のこう着相場のなか、慎重姿勢は強まっていたため、レンジ下限の攻防については、想定されていた動きであろう。売り一巡後の底堅さを見決めたいところである。シグナルは悪化するものの、これまでのもち合いレンジをキープすることにより、改めてレンジ上限を意識した仕切り直しに向かうことが出来よう。19000-19300円のレンジを想定する。

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均