市場ニュース

戻る
2017年03月15日18時07分

【通貨】明日の為替相場見通し=FOMCなどイベントラッシュ

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、イベントラッシュとなるなか米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を中心に相場は左右される展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=113円50~115円50銭。

 FOMCの結果発表は日本時間の16日未明に予定されているが、0.25%の利上げは確実視されており、政策金利の見通しを示すドットチャートの内容が関心を集めている。現在の年3回の利上げ見通しが4回に引き上げられるかが焦点。また、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の会見も関心を集めている。また、今晩は米2月小売売上高や米2月消費者物価指数の発表も予定されている。オランダ総選挙の結果は、日本時間のあすの午前中に大勢は判明する見通し。極右政党・自由党の議席数が注目されており、その結果はフランス大統領選などへ影響を与えるとも見られている。また、あすは日銀金融政策決定会合の結果も発表されるが、現状維持が予想されている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均