市場ニュース

戻る
2017年03月07日17時57分

【市況】明日の株式相場見通し=売り買いともに手控え、小口の売りで軟調推移

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 あす(8日)の東京株式市場は、寄り付き前に16年10~12月期のGDP改定値の発表があるものの、影響は軽微にとどまる見通しだ。外国為替市場でも1ドル=114円を挟んでの小幅なレンジでの推移となれば、株式市場に与えるインパクトも限定的となりそうだ。

 市場関係者からは「きょうの日経平均株価の日中値幅は57円99銭と極めて小幅にとどまった。売りも買いも手控えられ、見送りムードが市場を覆っていた。主力株のなかで、売買代金を伴って堅調な値動きとなったのは、新型ゲーム機“スイッチ”への期待感が継続している任天堂<7974>が目立つ程度」との見方が出ていた。

 7日の東京株式市場は買い気に乏しく、小口の売りで値を消す銘柄が目立った。ただ、一方で下値は堅く、日経平均株価の下げは小幅にとどまり、終値は前日比34円99銭安の1万9344円15銭と3日続落となった。

 日程面では、10~12月期のGDP改定値、1月の国際収支、1月の景気動向指数、2月の景気ウオッチャー調査に注目。海外では、米2月のADP雇用統計、中国2月の貿易統計が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均