市場ニュース

戻る
2017年03月02日18時05分

【通貨】明日の為替相場見通し=イエレン議長の講演控え神経質な展開も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は依然、米国情勢を注視する展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=113円80~114円80銭。

 この日の東京市場でドル円は114円前半の高値圏での一進一退が続いた。市場では、米国の3月利上げに向けた動きが注目されており、あすにかけても依然、神経質な展開が予想される。今晩の米国市場では新規失業保険申請件数の発表があり、その結果が関心を集めそうだ。3日にはイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長とフィッシャーFRB副議長の講演が予定されており、様子見気分が強まる可能性もある。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均