市場ニュース

戻る
2017年02月22日12時15分

【材料】三井金属が昨年来高値更新、国内有力証券は目標株価350円に引き上げ

三井金 <日足> 「株探」多機能チャートより
 三井金属<5706>が16日につけた昨年来高値を更新。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が21日付のリポートで、レーティングは「ニュートラル」を継続し、目標株価を220円から350円へ引き上げたことが好感されている。

 同証券では、成長コアの候補に触媒と銅箔を挙げており、HDI基板向けでの極薄箔採用の道筋が見えてきたことに加え、それまでは汎用銅箔の収益改善が支えるといった成長路線が再び見えつつある状況を指摘。また、18年3月期に一部HDI基板の採用が確認できれば19年3月期以降の利益成長の核心につながるとしている。17年3月期営業利益予想を従来の220億円から320億円(会社計画320億円)へ、18年3月期は同180億円から380億円へ、19年3月期は同200億円から410億円へそれぞれ見通しを引き上げている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均