市場ニュース

戻る
2017年02月16日18時15分

【テク】日経平均テクニカル:煮詰まり感が台頭


反落。小幅ながら売りが先行すると、その後は一時19300円を下回るなど、5日線を挟んでの攻防となった。こう着ではあるが、25日線が下値支持線として機能している。ボリンジャーバンドでは、+1σを下回る場面もあったが、辛うじて+1σと+2σとのレンジでの推移。一目均衡表では雲上限のほか、転換線、基準線を上回って推移しているほか、遅行スパンは実線が下降していることもあり、実線を突破する形での、上方シグナルをキープ。MACDは陽転シグナルを継続させている。週間形状では19500円処が上値抵抗となる一方で、13週線が支持線としてキープしており、煮詰まり感が台頭。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均