市場ニュース

戻る

【市況】14時時点の日経平均は230円高、売買代金トップはソフトバンクグ

日経平均 <1分足> 売買代金 「株探」多機能チャートより

14時時点の日経平均は前日比230.68円高の19018.67円。TOPIXは前日比12.91pt高の1519.24pt。

業種別では買いが優勢。鉄鋼が前日比+2.28%で上昇率トップに。その他、非鉄金属、ガラス土石、機械、輸送用機器、金属製品、化学などが上昇率上位。一方、下落しているのは建設、食料品、その他金融、電気ガス、倉庫運輸の5業種となっている。

東証1部の売買代金トップは、ソフトバンクグ<9984>。その他、東芝<6502>、三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>、Vテク<7717>、日本電産<6594>、三井住友<8316>などとなっている。

東証1部の騰落状況は値上がり1446銘柄、値下がり442銘柄。値上がり率上位銘柄は、安永<7271>、ブレインパッド<3655>、タカタ<7312>、トクヤマ<4043>、GMOクラウド<3788>など。安永は前日比+19%の上昇に。一方値下がり率上位は、日立工機<6581>、キムラタン<8107>、オルトプラス<3672>、ライトオン<7445>、タカラレーベン<8897>など。日立工機は前日比-38%の下落となっている。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均