市場ニュース

戻る
2017年01月24日09時56分

【材料】ジンズメイトが反発、1月既存店売上高13%減も織り込み済み

ジンズメイト <日足> 「株探」多機能チャートより
 ジーンズメイト<7448>が反発。23日の取引終了後に発表した1月度(16年12月21日~17年1月20日)の売上高速報で、既存店売上高が前年同月比12.8%減と2カ月連続で前年実績を下回ったが、足もとの販売悪化は織り込み済みとの見方が強い。

 トレーナーなどのスウエット類は一部のブランドが牽引し、引き続き好調に推移したほか、防寒物では冬小物に復調が見られたが、ニット、アウター類の動きが鈍かったことが足を引っ張った。

 ただ、同社は16日にRIZAPグループ<2928>との資本・業務提携を発表しており、これによる早期の業績回復への期待感が上回っているようだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均