市場ニュース

戻る

【経済】(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、元相場の安定などを好感

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

23日の上海総合指数は買い先行。前日比0.07%高の3125.42ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時40分現在、0.21%高の3129.66ptで推移している。人民元相場が安定していることが買い安心感を与えている。また、堅調な経済指標も改めて好感されている。昨年10-12月期の成長率は6.8%となり、市場予想の6.7%を上回った。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均