市場ニュース

戻る

【注目】明日注目すべき【好決算】銘柄 東日システム、ISID、NIC (20日大引け後 発表分)

東日システム <日足> 「株探」多機能チャートより

 20日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 東日システム <3316> [JQ]  ★今期経常を25%上方修正、配当も10円増額
 ◆17年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の2.4億円→3億円に25.0%上方修正。増益率が15.4%増→44.2%増に拡大する見通しとなった。大規模なパソコン代替案件やサーバーの販売増加などで、売上が計画を上回ることが寄与。業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の37円→47円(前期は31円)に増額修正した。期末配当利回りが2.55%に上昇し、配当取りを狙う買いが期待される。

 ゲンダイ <2411> [JQ]  ★今期経常を一転17%増益に上方修正
 ◆17年3月期の連結経常利益を従来予想の10.4億円→13.2億円に26.9%上方修正。従来の7.9%減益予想から一転して16.9%増益見通しとなった。12月の繁忙期における広告の受注獲得に加え、自社サイトの広告収入が伸びることが寄与する。予想PERが12.1倍→9.4倍に低下し、割安感が強まった。

 電通国際情報サービス <4812>   ★前期経常最高益予想を14%上乗せ、配当も8円増額
 ◆16年12月期の連結経常利益を従来予想の58.7億円→67億円に14.1%上方修正し、従来の15期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。金融機関や電通向けシステム開発の売上が計画を下回ったものの、利益率の高いコンサルティングや自社開発ソフトの売上増加などで採算が改善した。販管費が想定を下回ったことも利益上振れに貢献した。
  業績上振れに伴い、前期の年間配当を従来計画の42円→50円(前の期は32円)に増額修正した。

 NIC <5742> [JQ]  ★今期経常最高益予想を16%上乗せ
 ◆17年3月期の連結経常利益を従来予想の5.8億円→6.7億円に15.6%上方修正。増益率が3.0%増→19.1%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。FA装置向けアルミフレームの大型案件の受注が伸びるうえ、アルミフレームの設計から組立までトータルサポートするサービスも好調で、売上が計画を上回ることが寄与する。

株探ニュース

日経平均