市場ニュース

戻る

【材料】クリレスHDが反落、個人消費低迷受け17年2月期業績予想を下方修正

クリレスHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387>が反落している。前週末13日の取引終了後、17年2月期の連結業績予想について、売上高を1180億円から1150億円(前期比11.4%増)へ、営業利益を76億円から69億円(同2.2%増)へ、純利益を42億円から39億円(同17.4%増)へ下方修正したことが嫌気されている。

 天候不順や消費者の節約志向が高まったことによる個人消費の低迷で、売上高が計画を下回ったことに加えて、新規出店数が当初計画よりも増加したことに伴う開業費用の一時的発生などが響いたとしている。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(16年3~11月)決算は、売上高839億8100万円(前年同期比20.4%増)、営業利益39億1500万円(同15.8%減)、純利益23億2200万円(同1.7%減)だった。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均