市場ニュース

戻る
2016年12月01日07時08分

【市況】30日のNY市場はまちまち

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 19123.58 (+1.98)
NASDAQ  : 5323.68 (-56.34)
CME225  : 18615 (+235(大証比))

[NY市場データ]

30日のNY市場はまちまち。ダウ平均は1.98ドル高の19123.58、ナスダックは56.24ポイント安の5323.68で取引を終了した。OPEC(石油輸出国機構)総会での減産合意を受けて原油相場が大幅上昇となり買いが先行。11月ADP雇用統計や個人所得が予想を上振れたことで、11月雇用統計への期待が強まったほか、地区連銀経済報告(ベージュブック)では、大半の地域で景気が引き続き拡大したとの認識が示された。一方で医薬品・バイオテクノロジーセクターが重しとなり、ナスダック総合指数が下落に転じた。セクター別では、エネルギーや銀行が上昇する一方で公益事業や電気通信サービスが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比235円高の18615円。ADRの日本株はNTTドコモ<9437>、NTT<9432>が小安い他は、トヨタ<7203>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、三菱商<8058>、京セラ<6971>、日東電<6988>など対東証比較(1ドル114.39円換算)で全般堅調。
《TM》

 提供:フィスコ

日経平均