市場ニュース

戻る
2016年10月28日17時38分

【市況】【↑】日経平均 大引け| 反発・半年ぶり高値、3カ月ぶり円安で買い優勢 (10月28日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  17448.25
高値  17461.03(14:54)
安値  17406.72(10:27)
大引け 17446.41(前日比 +109.99 、 +0.63% )

売買高  26億2881万株 (東証1部概算)
売買代金 3兆1333億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は反発、半年ぶり高値
 2.1ドル=105円台回復と3カ月ぶり円安で買い優勢
 3.売買代金も3カ月ぶりに3兆円超える
 4.欧州発の金融不安後退で金融株が急動意
 5.機械など輸出関連株が買われた

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは29ドル安と反落。長期金利の上昇を受け、金利敏感株が売られた。

 東京市場では、3カ月ぶりの円安で終始買い優勢。日経平均株価は26日に付けた半年ぶり高値をさらに上回った。

 28日の東京市場は、為替市場で対ドル円相場が約3カ月ぶりに1ドル=105円台前半まで円安が進んだことから、自動車、電機、精密機器、機械など輸出関連の主力株に買いが入った。また、ドイツ銀行が27日発表した16年7-9月期の最終損益が市場予想に反して黒字を確保したことから欧州発の金融不安が後退したことで、銀行、証券、保険など金融株が軒並み上昇した。
 後場に入っても、円安・ドル高がジリジリと進行したことから、利益確定の売りをこなして日経平均はこの日の高値圏で頑強な推移となった。TOPIXの定期見直しに伴う機関投資家によるポジション調整の売買が膨らんだこともあって、東証1部の売買代金は約3カ月ぶりに3兆円を上回った。

 個別では、三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> など3メガバンクをはじめ、野村ホールディングス<8604>、第一生命ホールディングス<8750>、オリックス<8591>などの金融株が軒並み買われた。米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)がTOBを実施すると報じられたカルソニックカンセイ<7248>がストップ高となった。中間配当増額とニンテンドー3DS向けに「モンスターハンター」の最新作を来年3月に投入すると発表したカプコン<9697>が大幅高。そのほかに、日立製作所<6501>、SUMCO<3436>、オムロン<6645>、セイコーエプソン<6724>が買われた。
 半面、7-9月期の連結営業利益が4%減益となった花王<4452>が大幅安となり、17年3月期業績を下方修正した富士フイルムホールディングス<4901>も軟調推移。このほかに、日野自動車<7205>、アンリツ<6754>、野村総合研究所<4307>、リコー<7752>、スタートトゥデイ<3092>、富士電機<6504>、ALSOK<2331>が売られた。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、アステラス <4503> 、アドテスト <6857> 、東エレク <8035> 、信越化 <4063> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約31円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄は花王 <4452> 、富士フイルム <4901> 、テルモ <4543> 、大日本住友 <4506> 、日清紡HD <3105> 。押し下げ効果は約23円。

 東証33業種のうち上昇は27業種。上昇率の上位5業種は(1)証券商品先物、(2)保険業、(3)その他金融業、(4)銀行業、(5)空運業。一方、下落率の上位5業種は(1)不動産業、(2)電気・ガス業、(3)陸運業、(4)サービス業、(5)食料品。

■個別材料株

△ジェイテック <2479> [JQG]
 上期経常を3.9倍上方修正。
△ピグメント <4119> [東証2]
 今期経常を60%上方修正。
△東応化 <4186>
 上期経常を30%上方修正、通期も増額。
△ロンシール <4224> [東証2]
 今期経常を一転12%増益・最高益に上方修正。
△インフォコム <4348> [JQ]
 上期経常を30%上方修正・15期ぶり最高益更新へ。
△大阪製鉄 <5449>
 旧村上系ファンドが5%超取得。
△フタバ <7241>
 今期経常を20%上方修正。
△カルソカンセ <7248>
 「米KKRがTOBで全株取得」と報道。
△KIMOTO <7908>
 米ボーイング社とコンサルティング契約。
△ゴールドクレ <8871>
 上期経常が97%増益。


▲日清紡HD <3105>
 今期経常を一転35%減益に下方修正。
▲アンリツ <6754>
 今期税引き前を一転74%減益に下方修正。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)カルソカンセ <7248> 、(2)日立マクセル <6810> 、(3)キムラタン <8107> 、(4)東応化 <4186> 、(5)カプコン <9697> 、(6)KIMOTO <7908> 、(7)フタバ <7241> 、(8)新光電工 <6967> 、(9)大阪製鉄 <5449> 、(10)ゴールドクレ <8871> 。

 値下がり率上位10傑は(1)ファインデ <3649> 、(2)日本トリム <6788> 、(3)エレマテック <2715> 、(4)タナベ経営 <9644> 、(5)アンリツ <6754> 、(6)日無線 <6751> 、(7)スクロール <8005> 、(8)ALSOK <2331> 、(9)ランド <8918> 、(10)花王 <4452> 。


【大引け】

 日経平均は前日比109.99円(0.63%)高の1万7446.41円。TOPIXは前日比10.40(0.75%)高の1392.41。出来高は概算で26億2881万株。値上がり銘柄数は1370、値下がり銘柄数は510となった。日経ジャスダック平均は2604.09円(9.51円高)。

[2016年10月28日]

株探ニュース

日経平均