市場ニュース

戻る
2016年10月27日13時32分

【特集】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家わらしべ:GCAは欧社買収による日米欧でのM&A事業拡大に期待

GCA <日足> 「株探」多機能チャートより

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家わらしべ氏(ブログ「テンバガーへGO!わらしべのブログ」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----
※2016年10月24日22時に執筆

フィスコソーシャルレポーターのわらしべです。

M&A(エムアンドエー)、企業の合併や買収はシナジー効果や事業規模拡大により急成長企業へと
発展を進めるための戦略の一つと考えられます。そういった観点から銘柄選びの際にわらしべは重要視するポイントと考えております。また、株主還元に積極的な銘柄を選ぶようにしています。
そういった観点からGCA<2174>に注目してみたいと思います。

GCA<2174>東証1部

【グローバル独立系M&Aアドバイザリーファーム】

GCAは独立系M&Aアドバイザリーファームです。
GCAは日本でもない米国でもない、真のグローバル独立系M&Aアドバイザリーファームです。
「For Client's Best Interest」を経営理念とし、クライアントにとって信頼できるパートナーとして長期的な関係を継続できることを目標としています。
M&A、資金調達、その他金融アドバイスサービスを中心としたクライアントにとって高品質で最適な戦略的アドバイスと案件の実行を行います。
(以上同社HPより引用)
【欧州同業のアルティウム社と経営統合】

欧州同業の「アルティウム社」との経営統合が完了し今後、日米欧でのよりグローバルな事業展開が期待されると思います。

【今期配当予想は20円+記念配当の合計30円、さらに業績によっては特別配当の可能性も】
「配当に関しましては、1株当たりの最低配当金を20円とし、さらに業績によっては、20円を超過する特別配当(当期 純利益の100%を上限とする配当)を実施する予定です。また、当期純利益から年間配当金を控除した残りの金額 は、自社株買いの原資へ充当いたします」(第2四半期決算短信より) と発表されており、配当による株主還元に積極的なことは好感出来ると思います。

【自社株買い取得枠を設定】
(1)取得する株式の種類 普通株式
(2)取得する株式の総数 1,250,000 株(上限とする) (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合 約 3.23%)
(3)株式の取得価額の総額 10 億円(上限とする)
(4)自己株式取得の日程 2016 年 8 月 4 日から 2016 年 12 月 31 日まで
※自社株買い取得枠を設定しており、自社株買い実施による株主還元を行っています。



株価816円(2016年10月24日終値)予想配当30円(記念配当10円を含む)
年間配当利回りは3.67%
東証1部、有利子負債ゼロ、自己資本比率77.2%と財務健全性は高く、NISAでの長期保有目的としても注目できる銘柄と思います。

----

執筆者名:わらしべ
ブログ名:テンバガーへGO!わらしべのブログ

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均