市場ニュース

戻る
2016年10月18日15時31分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(1):日本M&A、大東建、ユニシス

日本M&A <日足> 「株探」多機能チャートより
■M&Aキャピ <6080>  2,353円  +204 円 (+9.5%)  本日終値  東証1部 上昇率2位
 M&Aキャピタルパートナーズ<6080>が4日続伸。同社は独立系M&Aの仲介会社。競合する日本M&Aセンター<2127>は前日に業績の増額修正を発表したほか、ストライク<6196>も株価は一時1万円台に乗せ年初来高値を更新するなど人気化している。同社株にはM&A仲介3社のなか出遅れ感からの買いが流入している様子だ。中小企業向けM&A仲介業は、経営者の高齢化が進むなか、成約件数が増えており業績も拡大基調にある。

■日本M&Aセンター <2127>  3,355円  +235 円 (+7.5%)  本日終値  東証1部 上昇率5位
 17日、日本M&Aセンター <2127> が17年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の37億円→55.8億円に50.8%上方修正。増益率が0.8%増→52.0%増に拡大し、従来の6期連続での上期の過去最高益予想をさらに上乗せしたことが買い材料。事業承継案件を中心に中小企業のM&A需要が拡大する中、M&A案件の成約数が大きく伸びたことが収益を押し上げた。なお、通期の経常利益は従来予想の80億円(前期は71.1億円)を据え置いた。

■大東建託 <1878>  17,110円  +930 円 (+5.8%)  本日終値  東証1部 上昇率8位
 17日、17年3月期の連結経常利益を従来予想の1110億円→1220億円に9.9%上方修正。増益率が5.2%増→15.6%増に拡大し、従来の9期連続での過去最高益予想をさらに上乗せしたことが好感された。今期の年間配当を従来計画の477円→526円(前期は432円)に増額修正したことも支援材料。
  ⇒⇒大東建託の詳しい業績推移表を見る

■大建工業 <7905>  2,092円  +112 円 (+5.7%)  本日終値  東証1部 上昇率9位
 大建工業 <7905> が3日続伸し年初来高値を更新した。17日、同社が17年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の30億円→40億円に33.3%上方修正し、増益率が22.0%増→62.6%増に拡大する見通しとなったことが買い材料。主力の住宅関連資材の販売が堅調に推移する中、エコ事業における原材料や燃料費が想定を下回ったことが利益上振れの要因となった。なお、通期の経常利益は従来予想の63億円(前期は52.8億円)を据え置いた。

■日本ユニシス <8056>  1,265円  +55 円 (+4.6%)  本日終値
 日本ユニシス<8056>が急動意。情報システムの構築・運用業務を一括して請け負うシステムインテグレーターの大手でクラウド事業に傾注、金融業界向けなどでシステム構築案件を取り込んでいる。株価は10月6日以降急速に下値を探る展開となっていたが、市場では「悪材料に反応したものではなく、機関投資家のポジション調整に伴う玉外しで需給要因で下げた印象が強い。PERや配当利回り面から時価は見直し余地があり、きょうの上昇は別のファンド系資金の安値拾いの動きが反映されたのではないか」(国内ネット証券)と指摘されていた。

■神戸物産 <3038>  3,490円  +135 円 (+4.0%)  本日終値
 神戸物産<3038>が6連騰。食材販売の「業務スーパー」を展開、新規出店に積極的で売上高の拡大基調が続いている。発行株数3400万株強で浮動株比率も低く、株価の値動きはボラティリティに富んでおり、個人投資家を中心とした短期資金の追随買いを誘いやすい銘柄。市場では「ここにきて、安さを武器にデフレマインドを味方につける銘柄に物色の矛先が向いており、同社株もそのテーマで投機資金が再攻勢をかけているようだ。また、10月決算企業であり、“行きがけの駄賃”として、駆け込みで40円配当を取りに行く動きや、自社グループ製品を贈答する株主優待にも注目が集まっている」(準大手証券ストラテジスト)と指摘する声があった。

■ファンコミ <2461>  797円  +27 円 (+3.5%)  本日終値
 ファンコミュニケーションズ<2461>が続伸。17日の取引終了後に発表した9月度の月次業績速報で、連結ベースの売上高が前年同月比4.9%増となり、4カ月ぶりに前年実績を上回ったことが好感されている。アフィリエイト広告サービスのCPA型アドネットワーク事業や自社媒体事業・その他事業が2ケタ伸長したことが寄与した。また、CPC/ターゲティング型アドネットワーク事業は引き続き前年実績を下回ったが、マイナス幅が縮小しており、これもプラス評価されているようだ。

■サイゼリヤ <7581>  2,783円  +92 円 (+3.4%)  本日終値
 サイゼリヤ<7581>が3日続伸。17日でみずほ証券が投資判断「買い」継続、目標株価を3100円から3300円に引き上げた。円高に伴う国内原価率の低下を主因に17年8月期は通期連結営業利益で会社側計画の93億円(前期90億600万円)に対して従来予想の92億円から98億円へ、18年8月期を101億円から104億円へ引き上げている。

株探ニュース

日経平均