市場ニュース

戻る
2016年09月14日11時50分

【市況】東京株式(前引け)=米株安受け反落も円安背景に下げ渋る

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 14日前引けの日経平均株価は前日比39円73銭安の1万6689円31銭と小幅反落。前場の東証1部の売買高概算は7億5062万株、売買代金概算は7774億2000万円。値上がり銘柄数は710、対して値下がり銘柄数は1070、変わらずは190銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の米国株市場でNYダウが急反落したことや原油市況の下落などリスクオフの流れのなかで売り優勢で始まった。ただ、米早期利上げ思惑や日銀が今後のマイナス金利の深掘りに前向きな姿勢を示しているとの見方がドル買い・円売りの動きにつながり、外国為替市場で1ドル=103円台に入るなど円安が進んだことで、全体相場も下げ渋った。前場の売買代金は8000億円を下回るなど閑散症状が続いている。

 個別では日本電産<6594>が軟調、リクルートホールディングス<6098>も売り優勢。マイナス金利深掘り懸念で三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>など銀行株が売られる。ツルハホールディングス<3391>が急落、カシオ計算機<6952>も値を下げた。半面、売買代金断トツの任天堂<7974>が上昇、長期金利の上昇思惑から第一生命保険<8750>も物色資金を集めた。共栄タンカー<9130>、木村化工機<6378>が値を飛ばし、ソフトブレーン<4779>が急動意。村田製作所<6981>も押し目買いに上昇した。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均