市場ニュース

戻る
2016年09月12日17時11分

【市況】【↓】日経平均 大引け| 大幅反落、米国株急落でリスク回避の売り膨らむ (9月12日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  16748.36
高値  16802.00(09:43)
安値  16601.54(13:11)
大引け 16672.92(前日比 -292.84 、 -1.73% )

売買高  16億1784万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆7913億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は大幅反落、2週ぶりに1万6700円割れ
 2.NYダウ約400ドル安と急落受けリスクオフ強まる
 3.ボストン連銀総裁の早期利上げ示唆が波乱の種に
 4.全33業種が下落、値下がり銘柄は81%占める
 5.アジア株が軒並み大幅安も投資家心理に悪影響与える

■東京市場概況

 前週末の米国市場では、NYダウは394ドル安と続急落。米国の早期利上げ観測や米欧の長期金利上昇が嫌気され、約2ヵ月ぶりの安値となった。

 週明けの東京市場では、米株急落を受けて大きく売りが先行。日経平均株価は前引け時点でいったん下げ渋ったものの、後場再び下げ幅を広げ、300円近い下げで着地。終値ベースで約2週間ぶりに1万6700円を割り込んだ。東証1部全33業種が下落した。

 12日の東京市場は、米国発のリスクオフの流れが直撃、大幅反落となった。前週末の米国株市場でNYダウが400ドル近い急落をみせ、これが波及するかたちで主力株中心に広範囲に売りがかさんだ。ボストン連銀総裁が講演で早期利上げを示唆する発言をみせたことが、米国株急落の背景。東京市場では、日銀のETF買いに対する期待や日米金利差拡大の思惑から為替相場は1ドル=102円台半ばで円安含みに推移したこともあって、下値では買い向かう動きもみられた。しかし、全体商い低調ななかで戻り足も限定的だった。中国上海市場や香港市場、韓国市場などアジア株が総じて下値模索の展開だったことも投資家心理を悪化させた。

 個別では、任天堂<7974>が安く、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクも軟調。村田製作所<6981>、ファナック<6954>なども値を下げた。16年10月期の業績予想を下方修正したクミアイ化学工業<4996>が大幅安。UACJ<5741>が大きく売られたほか、SUMCO<3436>、リクルートホールディングス<6098>の下げも目立った。
 半面、ディー・エヌ・エー<2432>がしっかり、第一生命保険<8750>も買いが優勢だった。ダブル・スコープ<6619>が商いを伴い大幅高。サイバーコム<3852>ストップ高に買われた。保有株売却を背景とする需給思惑でカルソニックカンセイ<7248>が急動意、Hamee<3134>、ディー・エル・イー<3686>なども値を飛ばした。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はコナミ <9766> 、日ハム <2282> 、ディーエヌエ <2432> 、東京ドーム <9681> 、ニチレイ <2871> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約4円と限定的。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はファストリ <9983> 、ソフトバンク <9984> 、ファナック <6954> 、京セラ <6971> 、TDK <6762> 。押し下げ効果は約95円。

 東証33業種のすべての業種が下落。下落率の小さかった上位5業種は(1)保険業、(2)食料品、(3)電気・ガス業、(4)空運業、(5)石油石炭製品。一方、下落率の大きかった5業種は(1)鉱業、(2)鉄鋼、(3)その他金融業、(4)非鉄金属、(5)海運業。


■個別材料株

△フルスピード <2159> [東証M]
 5-7月期(1Q)経常は25%増益。
△Hamee <3134>
 5-7月期(1Q)経常は2.7倍増益、株式分割も発表。
△鳥貴族 <3193>
 今期経常は25%増で5期連続最高益・2円増配。
△ポールHD <3657>
 上期経常が49%減益も上振れ着地。
△アドソル日進 <3837> [東証2]
 東証1部に指定替え、株式分割・増配。
△アイリッジ <3917> [東証M]
 今期経常は46%増で5期連続最高益更新。
△エンバイオH <6092> [東証M]
 東南アジアでバイオマス発電事業に出資・参画。
△マルマエ <6264> [東証M]
 前期経常を一転6%増益に上方修正、配当も1円増額。
△WSCOPE <6619>
 リチウムイオン電池用セパレーター大増産。
△東京ドーム <9681>
 今期経常を11%上方修正。


▲ベステラ <1433> [東証M]
 上期経常は18%減益で着地。
▲シライ電子 <6658> [JQ]
 東証が信用規制を強化。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)サイバーコム <3852> 、(2)カナモト <9678> 、(3)ポールHD <3657> 、(4)カルソカンセ <7248> 、(5)トランザク <7818> 、(6)Hamee <3134> 、(7)ルック <8029> 、(8)石川製 <6208> 、(9)DLE <3686> 、(10)虹技 <5603> 。

 値下がり率上位10傑は(1)クミアイ化 <4996> 、(2)サノヤスHD <7022> 、(3)ポプラ <7601> 、(4)アジア投資 <8518> 、(5)UACJ <5741> 、(6)ローツェ <6323> 、(7)フォスター <6794> 、(8)リクルート <6098> 、(9)理想科学 <6413> 、(10)ナガイレーベ <7447> 。


【大引け】

 日経平均は前日比292.84円(1.73%)安の1万6672.92円。TOPIXは前日比20.76(1.54%)安の1323.10。出来高は概算で16億1784万株。値上がり銘柄数は282、値下がり銘柄数は1599となった。日経ジャスダック平均は2476.64円(13.46円安)。

[2016年9月12日]

株探ニュース

日経平均