市場ニュース

戻る
2016年08月30日06時47分

【市況】NY金:続伸で1327.10ドル、ドル売り戻し気味で割高感が一時後退

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

NY金は続伸(COMEX金12月限終値:1327.10↑1.20)。1321.60ドルを安値に、1328.30ドルまで上昇した。米連邦準備理事会(FRB)の年内利上げ観測が高まり、全般的なドル高傾向となっていることを受けて、金は売り先行の流れで取引が始まった。


その後、米国の7月個人所得、個人消費支出の増加を好感して、NYダウも上昇スタート。しかし、米国債が値ごろ感からといわれる買いに利回り急低下となり、ドルが売り戻し気味になったことから、金は買い戻しに転じたとみられる。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均