市場ニュース

戻る
2016年08月22日08時12分

【材料】グローブライド---1Q売上高4.6%増、拡販に向けた積極的な先行投資を継続

グロブライド <日足> 「株探」多機能チャートより

グローブライド<7990>は8日、2017年3月期第1四半期(16年4-6月)決算を発表。売上高が前年同期比4.6%増の211.26億円、営業利益が同1.0%減の14.62億円、経常利益が同22.7%減の11.49億円、四半期純利益が同14.5%減の7.51億円だった。

スポーツ・レジャー用品等の業界は総じて足取りの重い状況が続く。そのなかで同社は、新製品の開発や販売促進活動など、引き続き拡販に向けた積極的な先行投資を実施。利益面では、先行投資関連費用の増加や急激な円高に伴う外貨建債権等の評価損の発生が響いた。なお、固定資産売却益約6.00億円を特別利益として第2四半期に計上予定になっている。

17年3月期通期については、売上高が前期比2.5%増の810.00億円、営業利益が同8.2%増の37.00億円、経常利益が同10.9%増の32.00億円、当期純利益が同20.5%増の20.00億円とする期初計画を据え置いている。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均