市場ニュース

戻る
2016年08月12日17時59分

【市況】来週の株式相場見通し=値固めから1万7000円台回復へ、海外市場の堅調が支えに

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 来週(15~19日)の東京株式市場は、海外主要株式市場の堅調地合いや、日銀の上場投資信託(ETF)買い増しに伴う需給改善期待から、売り材料に乏しいなか日経平均株価は、現状水準での値固めから1万7000円台を回復することになりそうだ。来週の想定レンジは1万6600~1万7200円とする。

 注目点は、4~6月期国内総生産(GDP)速報値だ。市場予想の中心は、前期比年率でプラス0.7%程度とされている。今年1~3月期に続いてプラス成長になる見込みだが、成長率は鈍化する見通し。ただ、実際の数値が市場予想を下振れた場合でも「日銀によるさらなる金融緩和期待が強まると受け止められる可能性もある」(中堅証券投資情報部)との声も出ている。

 市場関係者からは「週の前半はお盆休みモードで参加者の減少が想定される。また、4~6月期決算の発表もほぼ終了し、手掛かり材料難となる。ただ。米国の主要株価指数が過去最高値を更新するなど海外主要株式市場の多くが堅調で、日本株にもリスク選好の買いが先行することになりそうだ。また、25日、75日の両移動平均線がゴールデンクロス(GC)を達成しており、先高期待感が高まっている」との見方が出ていた。

 日程面では、4~6月期の国内総生産(GDP)速報値(15日)、7月の首都圏新規マンション発売(16日)、7月の訪日外国人客数(17日)、7月の貿易収支(18日)、6月の全産業活動指数(19日)に注目。海外では、米8月のNY連銀製造業景気指数(15日)、米7月の鉱工業生産・設備稼働率・消費者物価・住宅着工件数(16日)、7月16~27日開催のFOMC議事録、英7月の失業率(17日)、米7月のCB景気先行総合指数(18日)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均