市場ニュース

戻る
2016年08月10日12時51分

【市況】日経平均は24円安で後場スタート、ソフトバンクグなどがここまでの高値更新/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16740.24 (-24.73)
TOPIX  : 1313.58 (-3.91)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は下げ幅を縮めて始まっており、きょうこれまでの高値を更新してきている。ランチタイムの225先物は16680円辺りから、じりじりと下げ幅を縮めており、現物の後場寄り付き時には16740円までの戻りをみせている。規模別指数では中型株指数のみがプラス圏を回復。指数インパクトの大きいところではソフトバンクグ<9984>、花王<4452>、テルモ<4543>などがきょうこれまでの高値を更新してきている。セクターでは水産農林、建設、サービス、ガラス土石、食料品、小売、石油石炭などが小じっかり。半面、ゴム製品、証券、保険、鉱業、海運が冴えない。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均