市場ニュース

戻る
2016年08月08日20時30分

【特集】“好業績物色”モードの東京市場で注目の「高進捗株」リスト第2弾 <株探トップ特集>

カドカワ <日足> 「株探」多機能チャートより

―4-6月期経常利益の対通期高進捗銘柄に照準―

 前週末5日に発表された米7月雇用統計で、非農業部門の雇用者数の伸びが市場予想を大幅に上回ったことが好感され、米株式市場は大幅上昇し、外国為替市場では円安・ドル高が進行した。これを受けて週明け8日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末比396円12銭高の1万6650円57銭と大幅反発した。そのなか、決算発表は終盤を迎えている。今回は、2日に掲載した3月期決算企業の第1四半期(4-6月)経常利益の通期予想に対する高進捗率銘柄リスト、その第2弾をお送りする。

●日立ハイテクは医用分析装置が利益押し上げ

 日立ハイテクノロジーズ <8036> は7月27日、17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結業績予想の上方修正を発表。売上高を3220億円から3100億円(前年同期比1.3%減)へ、経常前利益を172億円から230億円(同3.0%増)へ、純利益を135億円から179億円(同5.7%増)へそれぞれ上方修正した。科学・医用システムで医用分析装置が堅調に推移していることや、電子デバイスシステムで測長SEMが好調に推移していることが利益を押し上げている。

●カドカワは映像コンテンツ事業が堅調推移

 カドカワ <9468> が4日発表した17年3月期第1四半期(4-6月)の連結決算は、売上高490億1400万円(前年同期比4.5%増)、経常利益20億3700万円(同23.6%増)と大幅増益を達成している。映像・ゲーム事業では、アニメ作品を中心にDVDや、ブルーレイの販売が拡大をみせている。また、今年6月に公開した映画「貞子vs伽椰子」や、市場拡大が続く海外へのアニメ版権販売ビジネスも引き続き堅調な推移となっている。

●テレビ東京HDはライツ事業が予想を上回る

 テレビ東京ホールディングス <9413> は3日、17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結業績予想の修正を発表した。売上高を従来予想の675億1500万円から694億2300万円(同5.6%増)に、経常利益を11億3600万円から24億5100万円(前年同期比41.2%減)にそれぞれ引き上げた。アニメ事業や「ベイブレード バースト」をはじめとするライツ(版権などの権利ビジネス)事業の利益が従来予想を上回る見込みという。なお、17年3月期通期の連結業績見通しは、下期の広告収入が従来予想を下回りそうなことから、売上高は1379億円から1387億円(前期比1.8%増)と小幅な上方修正にとどめ、経常利益は従来通り50億円(同34.5%減)で据え置いた。

●アドバンテはメモリ半導体用テストシステムが拡大

 アドバンテスト <6857> は7月27日、17年3月期の連結業績見通しについて、税引前利益を100億円から115億円(前期比2.3%減)へ、純利益を75億円から85億円(同27.0%増)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。なお、売上高の1560億円(同3.8%減)は据え置いている。高速・大容量のDRAMやNAND型フラッシュメモリの普及拡大を背景に、メモリ半導体用テストシステムなどの需要が拡大していることが利益上方修正の要因。なお、想定為替レートを1ドル=110円から100円へ、1ユーロ=120円から110円へ見直した。

●あすか製薬は高血圧症治療のジェネリック薬が好調

 あすか製薬 <4514> が4日に発表した、17年3月期第1四半期(4-6月)の連結決算で、経常利益は5億9400万円(前年同期比62.1%増)となり、上期計画(3億5000万円)を超過達成した。売上高は119億8700万円(同11.8%増)で着地した。高血圧症治療剤の「オーソライズド・ジェネリックカンデサルタン」や、子宮筋腫の治療薬「LH-RH誘導体マイクロカプセル型徐放性製剤リュープロレリン」などの売り上げが拡大し、主力の医薬品事業が増収増益となったことが寄与した。なお、上期および通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

●森永乳はヨーグルトやチーズなどが好調

 森永乳業 <2264> は5日、17年3月期第1四半期(4-6月)の連結決算を発表。経常利益は76億1400万円(前年同期比56.7%増)となり、通期計画170億円に対する進捗率は44.8%に達した。売上高は1534億9100万円(同2.1%減)となった。ヨーグルトやチーズなどが前年同期実績を上回った半面、牛乳類や飲料はさえなかった。低採算事業を見直し基幹事業に経営資源を集中するとともに、商品の高付加価値化を図ることによって収益性の改善に努力している。なお、上期および通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

◆主な4-6月期経常利益対通期高進捗率銘柄◆

          経常利益
銘柄<コード>     進捗率  株価  PER

東急建設 <1720>    64.0  1106  13.9
日東富士 <2003>    46.5   333  12.2
塩水糖 <2112>     49.1   228   9.8
森永乳 <2264>     44.8   671  20.2
宮地エンジ <3431>   43.9   141  13.7

ワコールHD <3591>  47.5  1110  15.4
武田薬 <4502>     2.1倍  4694  41.7
あすか薬 <4514>    49.5  1967  54.9
エーザイ <4523>    49.4  6117  59.9
ホッカンHD <5902>  69.4   320   7.1

ヤマシン <6240>    68.2   452  31.1
アドテスト <6857>   53.7  1432  29.4
ヘリオス <6927>    78.0   358   9.5
クボテック <7709>   68.0   439  67.1
バンナムHD <7832>  45.0  2730  17.1

プロネクサス <7893>  2.1倍  1041  18.0
日立ハイテク <8036>  41.2  3445  15.0
NECキャピ <8793>  55.1  1520   9.4
神奈交 <9081>     43.6   624  11.7
テレ東HD <9413>   60.2  2323  21.9

カドカワ <9468>    61.7  1329  51.5
Jパワー <9513>    67.0  2450  12.1

※株価は8日終値、単位:%、円、倍


株探ニュース

日経平均