市場ニュース

戻る
2016年08月04日12時56分

【市況】日経平均は31円高で後場スタート、前引け値を上回り、プラス圏を回復/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16114.47 (+31.36)
TOPIX  : 1274.56 (+2.58)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値を上回り、プラス圏を回復して始まった。ランチタイムの225先物は15970-15990円辺りの水準から、現物の後場スタートが近づくにつれて、順調に切り返しをみせていた。昼のバスケットは売り越しとの観測。円相場は1ドル101円20銭辺りとやや円高に振れて推移。日銀のETF買入れが行われる可能性がある。大きなインパクトは期待しづらいだろうが、16000円処での底堅さが意識されてくるようだと、短期筋のショートカバーを誘い込む可能性なども意識されてくる。物色対象としては指数インパクトの大きい値がさの一角に値幅取り狙いの資金が向かいやすいだろう。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均