市場ニュース

戻る
2016年07月27日10時33分

【市況】10時30分時点の日経平均は前日比226.16円高、ミネベア、ミツミも前日比10%超の急騰に

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時30分時点の日経平均は前日比226.16円高の16609.20円で推移している。ここまでの高値は9時13分の16642.60円、安値は9時00分の16526.06円。為替市場では、ドル・円は105円10銭台、ユーロ・円は115円50銭台と朝方比では40銭ほど円安で推移している。東証一部の売買代金は7000億円台と売買はさほど膨らんでいないが、任天堂<7974>の売買が減少している割には、商いができている印象。

東証一部の売買代金上位銘柄では、信越化学<4063>、ミネベア<6479>、ミツミ<6767>が前日比10%超急騰しているほか、トヨタ自<7203>、ブイ・テクノロジー<7717>、ファーストリテ<9983>、村田製<6981>、アサヒ<2502>が買い優勢に。一方、任天堂、伊藤忠<8001>、サノヤス<7022>が下落している。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均