市場ニュース

戻る
2016年07月21日16時33分

【市況】【↑】日経平均 大引け| 欧米株高と円安で反発、ポケモン人気物色広がる (7月21日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  16855.18
高値  16938.96(10:05)
安値  16740.00(14:16)
大引け 16810.22(前日比 +128.33 、 +0.77% )

売買高  20億0660万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆5810億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は欧米株高、円安追い風に反発
 2.20兆円超規模の経済対策観測が株高後押し
 3.為替の円安進行も輸出株に買いを誘導
 4.ポケモノミクスは部品株にも人気波及
 5.1万7000円手前では戻り売り圧力強い

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは36ドル高と9日続伸、過去最高値も7日連続で更新した。決算発表が本格化する中、米マイクロソフトなど良好な企業業績が好感された。

 東京市場では、海外株高と円安の流れを好感して買い優勢で始まり、日経平均株価は一時1万6900円台まで買われる場面があったが、前場前半に高値をつけた後は伸び悩む展開となった。

 21日の東京市場は、前日の欧米株市場が総じて堅調な動きをみせ、米国ではNYダウが小幅ながら9日続伸と上昇基調を継続、これを受けてきょうの東京市場も朝方大きく買いが先行した。政府の補正予算編成に期待が高まるなか、経済対策について20兆円を超える規模になるとの観測が浮上したことも強気を助長、ドル円相場が1ドル=107円台に入る円安に振れたことも輸出株中心に追い風となった。過熱警戒ムードも強く、午前10時過ぎにこの日の高値をつけた後は一貫して伸び悩む展開に。個人投資家の買いコスト近辺とみられる1万7000円手前では戻り待ちの売りが出て上値を押さえた。ただ、下値では根強く買いが入り、大引けにかけて締まった。

 個別では、任天堂<7974>が大商いを継続で反発に転じたが上値は重かった。ファーストリテイリング<9983>が高く、マツダ<7261>も堅調。サノヤスホールディングス<7022>、イマジカ・ロボット ホールディングス<6879>がストップ高となるなどポケモン関連人気が続いたほか、商機思惑からミツミ <6767> など電子部品株の一角にも人気が波及。また、日本金銭機械<6418>やオーイズミ <6428> などカジノ関連の一角も値幅制限上限まで買われた。
 半面、NTT<9432>が軟調、JR東日本<9020>も安い。小野薬品工業<4528>も下落した。JAC Recruitment<2124>が急落、アウトソーシング<2427>、フルキャストホールディングス<4848>などの下げも目立つ。イーレックス<9517>が利食われ、アダストリア<2685>も反落。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、ファナック <6954> 、TDK <6762> 、ホンダ <7267> 、デンソー <6902> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約76円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はKDDI <9433> 、塩野義 <4507> 、アステラス <4503> 、京セラ <6971> 、花王 <4452> 。押し下げ効果は約32円。

 東証33業種のうち上昇は25業種。上昇率の上位5業種は(1)鉱業、(2)証券商品先物、(3)輸送用機器、(4)保険業、(5)海運業。一方、下落率の上位5業種は(1)水産・農林業、(2)陸運業、(3)医薬品、(4)情報・通信業、(5)食料品。

■個別材料株

△ディーエヌエ <2432>
 ヤマトHDと自動運転車の宅配実験へ。
△Hamee <3134> [東証M]
 東証1部への市場変更。
△八洲電機 <3153>
 株主優待を拡充。
△アプリックス <3727> [東証M]
 BLEモジュール累計出荷台数が30万台突破。
△フリービット <3843> [東証M]
 東証1部へ市場変更。
△Eストアー <4304> [JQ]
 株主優待制度を新設。
△ソースネクス <4344>
 2.0%を上限に自社株買いを実施
△ペプドリ <4587>
 米社と創薬開発システムのライセンス契約。
△安川電 <6506>
 第1四半期営業利益は40%減も市場予想を上回る。
△山一電機 <6941>
 レオスキャピタルの保有割合が9.88%→10.91%に上昇。


▲小野薬 <4528>
 「厚生労働省が高額薬に適正投与指針」と報道。
▲日鋳造 <5609> [東証2]
 4-6月期(1Q)経常は赤字縮小も売上高が低迷。
▲エンプラス <6961>
 4-6月期(1Q)経常は71%減益。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)オーイズミ <6428> 、(2)サノヤスHD <7022> 、(3)日金銭 <6418> 、(4)SKジャパン <7608> 、(5)イマジカロボ <6879> 、(6)イチケン <1847> 、(7)ミツミ <6767> 、(8)ミネベア <6479> 、(9)山一電機 <6941> 、(10)IDOM <7599> 。

 値下がり率上位10傑は(1)ジェイエイシ <2124> 、(2)パラベッド <7817> 、(3)アウトソシン <2427> 、(4)エンプラス <6961> 、(5)ライドオンE <6082> 、(6)フルキャスト <4848> 、(7)プロネクサス <7893> 、(8)ソトー <3571> 、(9)ツクイ <2398> 、(10)クスリアオキ <3398> 。


【大引け】

 日経平均は前日比128.33円(0.77%)高の1万6810.22円。TOPIXは前日比8.64(0.65%)高の1339.39。出来高は概算で20億0660万株。値上がり銘柄数は1152、値下がり銘柄数は690となった。日経ジャスダック平均は2474.61円(7.69円高)。

[2016年7月21日]

株探ニュース

日経平均