市場ニュース

戻る
2016年07月14日10時45分

【経済】(中国)上海総合指数は0.19%安でスタート、弱い貿易統計などが圧迫材料

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

14日の上海総合指数は売り先行。前日比0.19%安の3054.98ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時43分現在、0.25%安の3053.04ptで推移している。弱い貿易統計が圧迫材料となっているほか、あす15日以降は6月の重要な経済指標がまとめて発表されるため、慎重ムードが強い。また、原油価格の下落も資源セクターの圧迫材料となっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均