市場ニュース

戻る
2016年07月12日12時59分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民進・玉木氏:「アベノミクスをふかす」とは何を意味するのか

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

民進・玉木氏は「選挙中何度も聞いた「アベノミクスをふかす」とは何を意味するのか。金融政策のことなのか、財政政策のことなのか、構造改革のことなのか?単なる大型補正予算を意味しているのなら、これまでの自民党政治と何ら変わらない。結局、従来型の財政拡張政策である大型公共事業に先祖返りするだけなのか。」とツイート(7/11)。


市場関係者の間でも「アベノミクスをふかす」という意味について見方が分かれている。株高・円安につながる金融政策が「アベノミクス」であると言っても間違いではない。ただし、すでに何度も指摘しているように「家計部門から企業部門への所得移転」が発生していることも否定できない。参院選以降、日経平均株価は1000円超の上昇となったが、所得増加につながらなければ、有意義ではない。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均