市場ニュース

戻る
2016年07月12日12時28分

【市況】日経平均は大幅に続伸、英国のEU離脱ショック時の下落部分を徐々に吸収/後場の投資戦略

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16124.36 (+415.54)
TOPIX  : 1288.32 (+32.53)

[後場の投資戦略]
 日経平均はマドを空けての上昇で25日線のほか、基準線を突破している。英国のEU離脱を巡る国民投票の結果を受けた6月24日の急落時につけた大陰線を吸収しつつある。価格帯別出来高では商いの膨れていた15800円処をクリアしており、16600-16800円辺りまでは比較的商いが薄いところである。そのため、英国のEU離脱ショック時の戻り高値水準である16390円近辺を捉えてくるようだと、リバウンド基調が一段と強まりやすいだろう。まずは、16000円での底固めを見極めつつ、戻り高値回復による大陰線吸収を意識しておきたいところ。

 また、物色についても、相対的に出遅れていたセクターへの買戻しの動きがみられている。円相場も1ドル103円台に乗せてきており、出遅れセクターへの自律反発の勢いが強まる可能性が高そうだ。その他、任天堂<7974>が強い動きをみせている。買い先行後にいったん下げに転じるものの、再びプラス圏での推移。「ポケモンGO」は世界的な社会現象になる可能性があり、海外勢による押し目買い買い意欲は強そうである。(村瀬智一)
《NH》

 提供:フィスコ

日経平均