市場ニュース

戻る
2016年07月08日10時15分

【市況】国内有力証券、雇用統計の改善→米株高となれば日本株の出遅れ感が一層意識されると指摘

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 東海東京調査センターでは、きょうの日本株は米雇用統計の発表や10日の参院選を控えて様子見姿勢が強まると指摘。

 最近の国際情勢から利上げ観測は高まりにくいとみるなか、米雇用統計は改善が予想され、直近の米株高は経済指標の改善を好感している面もあるため、雇用統計の改善→米株高となれば、日本株の出遅れ感が一層意識されると解説。

 きょうの財務省、日銀、金融庁の3者会合が急ピッチな円高への歯止めとなるかにも注目したいとしている。
《MK》

株探ニュース

日経平均