市場ニュース

戻る
2016年06月28日17時10分

【市況】【↑】日経平均 大引け| 小幅続伸、朝安も景気対策期待で切り返す (6月28日)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均株価
始値  15094.71
高値  15443.82(12:41)
安値  14987.79(10:09)
大引け 15323.14(前日比 +13.93 、 +0.09% )

売買高  24億9562万株 (東証1部概算)
売買代金 2兆3571億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は朝安後に切り返し、小幅続伸
 2.一時320円超える下落から130円強の上昇と荒い値動き
 3.追加緩和と財政出動を両輪とした景気対策に期待感
 4.建設など内需株が買い主導、自動車など輸出株は下値模索続く
 5.売買代金は2兆円を上回る水準をキープ

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは260ドル安と大幅に続落した。英国のEU離脱決定による動揺が続き、リスク回避から売り優勢の展開となった。

 東京市場では売り先行で始まり、日経平均株価は一時大きく下げたものの、売り一巡後は急速に戻り足をみせプラス圏に切り返した。

 28日の東京市場も英国のEU離脱決定の影響が尾を引き、前日の欧米株市場は軒並み下値模索の展開が続いたことから、リスク回避ムードのなかで始まった。日経平均は一時320円を超える下げで1万5000円台を割り込む場面もあったが、その後は日銀の量的金融緩和など流動性供給に対する思惑や、安倍政権の財政出動を伴う景気対策発動への期待感を背景に買い戻しが入った。全体を支えたのは建設や食料品など内需セクターが中心。自動車などの輸出セクターは安かったが、製造装置関連株には高いものも目立った。証券や銀行など金融関連は冴えないものが多かった。日経平均は上値も重く、戻り売りを浴びて大引けは小幅高と伸び悩んだ。

 個別では、ブイ・テクノロジー<7717>が野心的な中期計画を引き続き好感され続急伸、投機資金攻勢が加速するソフトブレーン<4779>は連日のストップ高。好決算評価のしまむら<8227>も大幅高に買われた。さくらインターネット<3778>が上昇、大陽日酸<4091>も物色人気となった。SCREENホールディングス<7735>、ワイエイシイ<6298>が値を上げ、ショーボンドホールディングス<1414>も高い。
 半面、トヨタ自動車<7203>が軟調、キヤノン<7751>も冴えない。竹内製作所<6432>も売られた。昭和シェル石油<5002>が安く、三菱マテリアル<5711>も下落した。日本航空電子工業<6807>が下値を模索、山一電機<6941>も値を下げた。

 日経平均への寄与度上位5銘柄はファナック <6954> 、KDDI <9433> 、日ハム <2282> 、エーザイ <4523> 、日東電 <6988> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約29円。

 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はトヨタ <7203> 、キヤノン <7751> 、昭和シェル <5002> 、ヤマハ <7951> 、TDK <6762> 。押し下げ効果は約23円。

 東証33業種のうち上昇は14業種。上昇率の上位5業種は(1)建設業、(2)倉庫運輸関連、(3)小売業、(4)食料品、(5)医薬品。一方、下落率の上位5業種は(1)輸送用機器、(2)ゴム製品、(3)保険業、(4)証券商品先物、(5)その他金融業。

■個別材料株

△LINK&M <2170>
 2.22%を上限に自社株買いを実施。
△ハニーズ <2792>
 前期経常を15%上方修正。
△大陽日酸 <4091>
 SMBC日興証が「中立→強気」に格上げ。
△クリエアナ <4336> [JQ]
 今期最終を28%上方修正。
△オンコリス <4588> [東証M]
 「テロメスキャンF35」がウイルス構造の特許取得。
△アキュセラ <4589> [東証M]
 SBIグループが議決権ベースの3分の1超を取得。
△イマジニア <4644> [JQ]
 スマホゲーム「あつめて!リラックマ」を配信開始。
△A&T <6722> [JQ]
 検体検査装置の生産能力を倍増。
△しまむら <8227>
 3-5月期(1Q)経常は36%増益。
△FVC <8462> [JQ]
 日本公庫と創業支援での業務連携・協力に関する覚書を締結。


▲住江織 <3501>
 前期経常を一転21%減益に下方修正。
▲ガーラ <4777> [JQ]
 上場廃止の猶予期間入り。
▲オークワ <8217>
 3-5月期(1Q)経常は28%減益。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)ソフトブレン <4779> 、(2)リックス <7525> 、(3)キムラタン <8107> 、(4)ワイエイシイ <6298> 、(5)Vテク <7717> 、(6)ライトオン <7445> 、(7)LINK&M <2170> 、(8)薬王堂 <3385> 、(9)サーラ <2734> 、(10)しまむら <8227> 。

 値下がり率上位10傑は(1)住江織 <3501> 、(2)ツバキナカ <6464> 、(3)昭和シェル <5002> 、(4)ヤマハ発 <7272> 、(5)オークワ <8217> 、(6)ホットランド <3196> 、(7)三愛石 <8097> 、(8)トクヤマ <4043> 、(9)新明和 <7224> 、(10)竹内製作所 <6432> 。


【大引け】

 日経平均は前日比13.93円(0.09%)高の1万5323.14円。TOPIXは前日比1.14(0.09%)安の1224.62。出来高は概算で24億9562万株。値上がり銘柄数は1000、値下がり銘柄数は835となった。日経ジャスダック平均は2394.26円(12.55円高)。

[2016年6月28日]

株探ニュース

日経平均