市場ニュース

戻る
2016年06月24日14時22分

【市況】Brexit(英国EU離脱)後の日本株見通し、過去の歴史から日経平均PBR1倍は長く続かない

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 6月24日、日本時間の昼過ぎに英国BBCが「EU離脱派勝利」と報じたこときっかけで、マーケットは急落のショック売りとなった。後場の日経平均株価は一時、前日比8%超の急落、1300円を超える下落で1万4800円台まで売り込まれた。

 株式市場だけでなく外国為替市場にも衝撃が走った。2年7カ月ぶりにドル・円が100円を割り込み、一時99円台に急伸した。リーマン・ショック級と言えるかどうか不明だが、朝方は欧米株式市場が高く楽観視が多かっただけに反動が大きい。

 大和証券ではBrexit(英国EU離脱)後の日本株見通しとして、今後主要国が危機回避に向けて金融緩和やドル資金の供給、財政出動に踏み切れば日経平均は1万5400円程度(予想PER13倍)で落ち着くと予想している。また過去の例から、リーマン・ショック級の危機でない限り、PBR1倍割れは長続きしないと説明している。
《MK》

株探ニュース

日経平均