市場ニュース

戻る
2016年06月22日17時40分

【為替】明日の為替相場見通し=英国民投票控え様子見姿勢も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、英国民投票を控え様子見姿勢が強まりそうだ。予想レンジは1ドル=103円80~104円80銭。

 世界の金融市場が注視する英国民投票は、日本時間では23日午後3時~24日午前6時(現地時間午前7時~午後10時)に実施される。開票の結果が出てくるのは日本時間の24日の午前8時過ぎからで正午頃に大勢が判明する見通し。このなか、あすは英国民投票の直前となり、積極的にポジションを傾ける動きは少ないとみられる。今晩の米国市場では5月中古住宅販売件数の発表があり、NYダウの動向に為替相場は左右されそうだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均