市場ニュース

戻る
2016年06月21日15時35分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(2):花王、日テレHD、田辺三菱、明治HD

花王 <日足> 「株探」多機能チャートより
■花王 <4452>  6,044円  +223 円 (+3.8%)  本日終値
 花王<4452>が続伸。20日の取引終了後、米国とスペインのインクジェット用インク会社を買収すると発表しており、業容拡大につながるとの期待感から買われてた。今回買収するのは、米コリンズ インクジェット(オハイオ州)とスペインのチミグラフ ホールディング(バルセロナ)の2社。花王では3月に環境負荷が小さい水性のインクジェット用顔料インクの開発に成功しているが、両社ともインクジェット用インクの製造・販売を行っていることから、買収で獲得した技術や生産設備、販売網を活用し、環境負荷低減に貢献する商品やサービスをグローバルに提供していくとしている。

■ヒトコム <3654>  2,151円  +68 円 (+3.3%)  本日終値
 ヒト・コミュニケーションズ<3654>が続伸。20日の取引終了後、訪日外国人向けの観光専門ラグジュアリーリムジンサービスを同日から開始したと発表しており、これを好感した買いが入った。新サービスは、グループ内約800名の、国内外で活躍する通訳案内士や添乗員などの人材リソースを生かしてスタートさせるもので、旅のプロが観光コンシェルジュとなってリムジンに同乗し、プライベートで上質な日本の旅をエスコートするという。「爆買い」中心から観光を楽しむ観光客が増えたことに対応し、体験型オプショナルツアーとして、伝統文化・芸能、スポーツ、エンターテイメント、クールジャパン、武道体験、リラグゼーションなど「上質な日本」を感じることのできる体験型観光アクティビティーを多数用意しているという。

■日テレHD <9404>  1,663円  +45 円 (+2.8%)  本日終値
 日本テレビホールディングス<9404>が続伸。大和証券は20日、同社株の投資判断を「2(アウトパフォーム)」から「1(買い)」へ引き上げた。目標株価は2360円(従来2400円)としている。「主力の放送が牽引し、放送外事業も成長拡大期へ」と指摘。具体的には、視聴率ナンバーワンを背景に広告単価上昇を通じた放送収入の拡大を予想しているほか、動画配信サイト「Hulu」、スポーツクラブ「ティップネス」を合わせた放送外の営業利益貢献が中期的に高まることを見込んでいる。

■田辺三菱製薬 <4508>  1,855円  +42 円 (+2.3%)  本日終値
 田辺三菱製薬<4508>が続伸。20日に筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬「エダラボン」をFDA(米食品医薬品局)に承認申請したと発表しており、これを好感した買いが引き続き入っているようだ。ただ、国内大手証券では業績予想を下方修正し、目標株価を2200円から1930円へ引き下げるとのリポートをリリース。レーティングは「ニュートラル」を継続。17年3月期の最大の注目点は米国でのエダラボン(日本商品名ラジカット)の承認であるとみているものの、日本患者のデータだけで米国で承認されるか、病状進行を2カ月程度遅らせる薬剤に対して高い薬価が認められるかなど不透明な点が多いとみて、成功確率75%で144億円のピーク米国売上高予想を据え置いている。

■明治ホールディングス <2269>  10,270円  +200 円 (+2.0%)  本日終値
 明治ホールディングス<2269>が小幅ながら続伸。SMBC日興証券は、食品株の中で、収益を重視する動きが広がっているため、同社については国内の収益モメンタムのみに注目せず、海外事業の成長が現実のものとなるタイミングに注目したい、とのリポートをリリース。17年3月期の営業利益予想を778億円から836億円へ、18年3月期は843億円から931億円へ、19年3月期は915億円から957億円へ、各々増額している。目標株価は9430円から9200円へ引き下げ、投資評価は「2」を継続している。

■東レ <3402>  924.6円  +17.4 円 (+1.9%)  本日終値
 東レ<3402>が3日続伸。同社はこの日、欧州エアバス社の超大型機「A380」の一次構造部材向けに、高強度・中弾性率炭素繊維トレカ「T800S」を使用したプリプレグが認定され、エアバス社のドイツ工場に向けて供給を開始したことを発表した。同社は、2010年5月にエアバス社の親会社であるエアバス・グループ社と航空機用炭素繊維プリプレグの供給に関する長期供給基本契約を締結しており、今回のトレカプリプレグ材料認定もこの基本契約に基づくもの。なお、同社は従来からエアバス社の航空機向けに炭素繊維トレカを供給してきたが、トレカプリプレグがエアバス社に採用されるのは今回が初めてとなる。

■寿スピリッツ <2222>  3,195円  +50 円 (+1.6%)  本日終値
 寿スピリッツ<2222>が続伸。大和証券が20日付のリポートで、レーティングを新規「2」、目標株価4200円でカバレッジを開始したことが好感されている。同社は、和菓子から洋菓子まで多岐にわたる土産用菓子を手掛ける大手製造卸売企業。主力ブランドは、子会社ケイシイシイが展開する「ルタオ」やシュクレイの「東京ミルクチーズ工場」などがある。大和証券では、訪日外国人客数増加などを背景にした土産市場の拡大と販売網拡大による自助努力で中長期的な業績拡大を見込んでおり、17年3月期営業利益予想を会社計画36億8000万円を上回る39億5000万円(前期比20.6%増)、18年3月期を同45億円としている。

■テレ東HD <9413>  2,002円  +29 円 (+1.5%)  本日終値
 20日、テレビ東京ホールディングス <9413> が子会社の月次業績を発表。5月のテレビ東京(単体)の売上高は前年同月比5.5%増の91.4億円に伸びたことが買い材料視された。タイム広告収入は前年同月比3.3%減だったものの、スポット広告収入が同14.6%増に拡大した。このほか、BSジャパンは同3.3%増の12.5億円、テレビ東京コミュニケーションズは同20.4%増の3.2億円だった。

■NEXT 原油ブル <2038>  960円  +13 円 (+1.4%)  本日終値
 NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブルETN<2038>が全般軟調相場のなか小幅ながら続伸。原油市況動向とリンクするETNで、指数の前日比変動率の2倍の値動きを示すなどボラティリティが高いことから個人投資家を中心とした短期資金の注目度が高い。足もと原油価格は戻りに転じており、前日のWTI原油先物価格は1ドル39セント高の1バレル=49ドル37セントと大幅続伸、原油価格調整一巡の動きを反映して上値指向が続いている。

■ダイキン工業 <6367>  8,739円  +109 円 (+1.3%)  本日終値
 ダイキン工業<6367>が3日続伸。ゴールドマン・サックス証券では、不確かなマクロ環境の中では同社の突出した利益創出力を再評価する向きが一層高まると予想。17年3月期以降も増収増益基調を保つとみて、株価が浮揚すると予想。レーティングを「買い」から「コンビクション買い」に引き上げ、目標株価は1万円を継続している。

株探ニュース

日経平均