市場ニュース

戻る
2016年02月24日19時07分

【経済】ビットコイン---使用可能な店舗数や利用者数は増加、米国の利上げで需要増も


ビットコインは日本国内において約100店舗で使用されており、増加傾向にある。アメリカは増加傾向という点で同様だが、使用可能店舗は3,000店舗あると言われている。まだまだ限定的であるが、使用店舗の増加はビットコインの利便性を高め、需要の増大につながる。

現段階においては、価格の回復傾向が影響していることは間違いないが、利用者も国内3万人、グローバル100万~200万人と言われており、こちらも増加傾向にある。

また、現在のように米国の利上げが始まり、過剰流動性によって資金が流入していた新興国、資源国などで通貨危機が起こりやすい市場環境になってくると、ビットコインの人気が高まる素地も整ってくると想定される。

ただし、現段階においては株式、為替、金利市場の動揺がビットコインの価格に与える影響は大きくない。ビットコインに関わる主体のニュースが価格を左右する面が大きい点には留意したい。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均