市場ニュース

戻る
2016年02月01日07時26分

【経済】日銀は孤軍奮闘


日銀が1月29日の金融政策決定会合で、追加の金融緩和策として「マイナス金利政策」の導入を決めた。わずか2周間前に黒田日銀総裁が国会で「マイナス金利は検討していない」と国会で証言していただけにマーケットに衝撃を与えた。
 マイナス金利とは、民間銀行等の金融機関が日銀にお金を預けていた際に、これまでは利子が付いていたものがゼロとなり、逆に手数料を取られるというものだ。民間銀行等は日銀に預けておくと損をすることになるので、資金をひき上げなければならなくなる。また、これまで日銀から利子を得て収益をあげていた分について、貸し出しや運用で収益をあげなければ大きな穴が空いてしまうということになる。
 日銀は民間銀行等に対して資金を他に振り向けるように仕向け、世の中に出回る資金を増やそうというのが今回の政策の趣旨だ。
 しかし、消費の弱含みや中国減速懸念などで設備投資も減少しつつあり、貸し出しの需要がないのに貸し出しを増やせというのは、ゴムひもで後ろから銀行を押しているようなものだ。銀行にとっても収益環境は厳しくなる。
 ただ、貸し出しか運用で銀行は必死で収益機会を追求することになるため、いわゆる「ブタ積み」となる国債の買い入れより資金が世の中に染みだしていく効果は高い可能性はある。民間銀行等の対応が注目される。
 今回またしても日銀は黒田バズーカを放ったが、本来なら安倍政権がアベノミクス「第三の矢」を放ち、需要というゴムひもに引っ張られて銀行の貸し出し等が増えることが望ましい道筋である。現状では日銀の孤軍奮闘というイメージしかない。安倍政権は参議院選挙前に何か目玉政策を打ち出してくるだろうか。
《YU》

 提供:フィスコ

日経平均