市場ニュース

戻る
2015年12月21日07時49分

【市況】ボリバン-2σ水準での踏ん張りを見極め/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 18日のNY市場は下落。原油価格が続落となったことが嫌気される中、オプションや先物の決済日が重なるクアドプル・ウィッチングで出来高が膨み、引けにかけて下げ幅を拡大する展開となった。ダウ平均は367.29ドル安の17128.55、ナスダックは79.47ポイント安の4923.08。シカゴ日経225先物清算値は大阪比170円安の18780円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から、売り先行の展開になりそうだ。その後は先週末の大幅下落による反動も意識されるため、底堅い相場展開が見込まれる。ボリンジャーバンドでは-2σが18760円辺りに位置しており、同水準での踏ん張りを見極めたいところ。一目均衡表では、再び雲上限を割り込んでくる可能性が高く、強弱感が対立しやすい。パラボリックではSAR値が188632円辺りに位置しており、陰転シグナル発生が警戒されるところである。18750-18950円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 18950円-下限 18750円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均