市場ニュース

戻る
2015年11月19日18時30分

【経済】直撃Q&A 「インバウンド関連株」(2) 清水洋介氏に聞きました!

清水洋介氏 Argo Navis フィナンシャルコンシェルジュ
 日本政府観光局は18日、10月の訪日外客数は前年同月比43.8%増の182万9300人だったと発表した。単月としては過去2番目の高水準だった。今年の累計は1631万人に達し、政府が掲げる20年の年間2000万人目標は、年内達成の可能性も出ている。Argo Navis フィナンシャルコンシェルジュの清水洋介氏に、訪日外客数の伸びを受けた「インバウンド関連株」の見通しを聞いた。

●清水洋介氏 (Argo Navis フィナンシャルコンシェルジュ)

Q1 10月の訪日外客数をどう評価しますか?

 予想通りの伸びだと思う。今年は2000万人に乗せ政府目標に達する可能性もあるのではないか。訪日外客数の伸び率は徐々に鈍化するかもしれない。ただ、訪日外客数が伸びる傾向は当面続くだろう。

Q2 パリ同時テロや中国の景気減速などの影響は?

 テロの影響はたいてい一過性にとどまる。中国経済もいろいろ言われているが、海外旅行をする中国人からみれば、景気は悪くないというのが実感だろう。中国では個人消費は伸びている。その流れが日本での消費となって表れているのだろう。パリの同時多発テロで欧州に向かっていた観光客が日本に旅行先を変えるということは起こり得ると思う。

Q3 今後のインバウンド関連株の見通しは?

 売られ過ぎた銘柄から買い直されてくると思う。インバウンド関連株の人気は続くとみていいだろう。HIS <9603> や資生堂 <4911> には一段の上値余地があるとみている。また、マツキヨHD <3088> などドラッグストアやセブン&アイ <3382> 傘下のセブンイレブンなどは、インバウンド関連の品揃え拡充も期待でき、株価には再評価余地があるとみている。

<プロフィール>
(しみず・ようすけ)大手証券会社に入社後、外資証券会社、外資系オンライン証券会社などを経て、証券アナリスト、テクニカル分析の一人者として、「チャートの先生」「ストラテジスト」として、テレビのレギュラー出演や雑誌の連載等で活躍し、現役ディーラーとして日々相場と対峙している。 10年以上続いているメールマガジン「日々是相場」や投資に関しての講演などを行っている。 2014年5月株式スクール開校、証券投資の本質、株式投資の楽しさを啓蒙している。

直撃Q&A 「インバウンド関連株(1) 大塚竜太氏に聞く」から続く
直撃Q&A 「インバウンド関連株」特集ページ

株探ニュース

日経平均