市場ニュース

戻る
2015年10月28日18時40分

【市況】明日の株式相場見通し=FOMC通過で買い優勢、決算数値に素直な反応

 あす(29日)の東京株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の内容が発表され、イベント通過による懸念払拭から買い優勢となりそうだ。ただ、日経平均株価の1万9100円水準には複数の抵抗線があるため、上昇は小幅にとどまりそうだ。
 FOMCでは、12月に利上げをスタートさせる可能性を残しながらも、景況判断や雇用情勢に対しては慎重な姿勢を重視する内容となる可能性が大きい。ただ、米利上げが遠のくとの受け止めが広がると、利上げムードに支えられてきたドル高観測が後退し、日本の輸出企業にとってはマイナスとなるドル安・円高進行への警戒感も怠れない。
 市場関係者からは「4~9月期の決算発表を前にして、業績修正発表に対する株価の反応が売り買いともに比較的素直に出ているようで、地合い自体はそう悪くはない」との見方が出ていた。
 28日の東京株式市場は、終始買い優勢の展開。日経平均株価終値は、前日比125円98銭高の1万8903円02銭と反発した。日経平均寄与度の高い値がさ主力株の一角が買われ、全体相場を牽引した。
 日程面では、9月の鉱工業生産指数速報、9月の生産動態統計速報、東京モーターショー2015開幕(~11月8日)に注目。海外では米7~9月期GDP速報値が焦点となる。(冨田康夫)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均