市場ニュース

戻る
2015年10月07日20時30分

【市況】<株式トピックス>=郵政3社仮条件決定、軟調地合いでも個人人気は上々

 きょう市場で話題を集めたのは、11月4日に新規上場する日本郵政グループ3社の仮条件が引け後に発表されたこと。
 日本郵政<6178>とその傘下のかんぽ生命保険<7181>、ゆうちょ銀行<7182>の仮条件が取引終了後に発表された。
 日本郵政は1100~1400円、かんぽ生命が1900~2200円、ゆうちょ銀行が1250~1450円で、仮条件の上限で試算した市場からの資金調達額は、3社合計で1兆4362億円に達する見通し。また、時価総額は最大で14兆円強で、1987年2月に上場したNTT<9432>の約25兆円に次ぐ規模になる。なお、売り出し価格(公開価格)はゆうちょ銀行とかんぽ生命が10月19日、日本郵政は同26日にそれぞれ決定する。
 市場関係者からは「8月中旬以降、日経平均株価が急落している軟調地合いにもかかわらず、郵政3社IPOへの個人投資家の関心は非常に高い。特にある程度の富裕層が、新規(現在株式市場投資されていない)資金で複数口を購入したいとする要望が多い。ただ、証券会社としては、新規でより多くの口座数獲得を狙っていることから、ややちぐはぐな面もあるようだ」との見方が出ていた。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均