8462 FVC JQ 15:00
2,596円
前日比
+57 (+2.24%)
比較される銘柄: アジア投資JAFCOSBI
業績: -
証券・商品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
36.95 137

銘柄ニュース

戻る
2015年12月24日07時34分

22日に動いた銘柄 part2:キヤノン、マクドナルドなど


銘柄名<コード>⇒22日終値⇒前日比

ユニデンHLDG<6815> 140 -7
株価の下落が見切り売りを誘う形にも。

キリンHLDG<2503> 1669.0 -102.0
ブラジル社の減損発表も悪材料出尽し感はないと。

ブレインパッド<3655> 597 -27
フィンテック関連の一角として直近で人気化の反動も。

住友理工<5191> 984 -40
SMBC日興証券では足元下方修正とも。

富士通<6702> 607.2 -19.1
特に材料見当たらず機関投資家のリバランスか。

日本コンベヤ<6375> 161 -10
リニア関連は全般的に買い一巡感も。

テルモ<4543> 3730 -135
大和証券では通期増額でも小幅にとどまると。

ダブル・スコープ<6619> 4235 -100
株価は高値圏で利食い売りの対象にも。

日本コンクリート<5269> 356 -10
浄水場杭打ち工事でデータ改ざんなどと伝わる。

三菱UFJ<8306> 756.4 +7.6
米OCCがガバナンス改善指示と伝わるが反応は限定的。

ミネベア<6479> 1052 -45
ミツミと好対照の動き、統合によるディスプレミアム想定か。

三井物産<8031> 1415.0 -5.5
ゴールドマン・サックス証券では目標株価1200円に下げ。

キヤノン<7751> 3747 +42
引き続き権利取りの動きなどが優勢か。

アイレップ<2132> 360 +7
調整一巡感から押し目買い、新規材料は観測されず。

システムソフト<7527> 106 -9
21日に急伸の反動で短期資金の利食い売り。

シンワアート<2437> 300 +9
16年5月期の上期・通期業績予想を上方修正。

マクドナルド<2702> 2712 -231
米本社がファンド等に同社株の売却を打診と報じられる。

インフォテリア<3853> 649 -69
直近で急伸したフィンテック関連は利益確定売りが強まる。

マイネット<3928> 2420 -85
いちよし証券では今後の業績急拡大を予想。一時ストップ高も後場上げ幅縮小。

シグマクシス<6088> 502 +52
AIでシステム運用を効率化する米社製ソフトの導入支援開始。

ブランジスタ<6176> 1279 +106
特段材料は観測されないが短期的な反発狙いの買いか。

AppBank<6177> 1975 +32
節目の2000円水準から反発試す。動画視聴回数20億回突破。

アクモス<6888> 238 -7
21日ストップ高となった流れで一時322円まで上昇。

Fベンチャー<8462> 2100 +270
21日には25日線を下抜けていたが2000円台を回復する動き。

アパマンショップ<8889> 1370 -93
民泊関連で大きく上昇した銘柄も利益確定の流れ。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均