7521 ムサシ JQ 15:00
1,487円
前日比
-6 (-0.40%)
比較される銘柄: 中央魚ペッパー昭光通商
業績: 今期予想
卸売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.8 0.42 2.02

銘柄ニュース

戻る
2016年07月07日13時42分

ムサシ Research Memo(7):株主還元は普通配と特別配を組み合わせるスタイル


■株主還元

ムサシ<7521>は株主還元について配当によることを基本としており、将来の成長のために内部留保の充実を図ることと、業績の成果に応じた利益還元に努めることを基本方針としている。同社は業績の成果を還元するに際しては、普通配当に特別配当を組み合わせるスタイルを採用している。ここ数年は普通配当を年間20円で固定し、そこに業績の変動に応じて特別配を上乗せするというパターンが定着している。

同社がこのような配当パターンに至った背景には、業績が選挙というタイミングを読めないイベントに大きく左右されるためと考えられる。仮に業績が下振れした場合でも、普通配は維持している。2000年に入ってからこれまでの15年間で、普通配の減額は一度もなく、投資家の安定配当に対する信頼度と、業績上振れの際の増配期待への信頼度はともに、非常に高いものと思われる。

2016年3月期については期初予想どおり20円配(中間配10円、期末配10円)を行う。前年は特別配当10円があったため、その分、減配となった形だが、これは同社の配当方針に忠実に従ったものであり、ネガティブに捉えられることはないと弊社ではみている。

2017年3月期について同社は、24円配(中間配12円、期末配12円)の配当予想を公表している。同社はこれまで年間20円を普通配としてきたが、今回言わばベースアップという形で普通配を24円に引き上げた。これは、同社の収益性が着実に向上しつつあることからくる、持続的収益拡大についての自信の表れであろう。また、配当性向が20%前後となっていることに対する、1つの回答でもあるといえよう。今後、選挙需要などで業績が計画を上回ってくれば、過去の例と同様、特別配当が上乗せされてくるとみている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均