6479 ミネベア 東証1 15:00
1,181円
前日比
+18 (+1.55%)
比較される銘柄: 東芝村田製日電産
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.7 2.07 1.19 1.71

銘柄ニュース

戻る
2015年12月21日07時31分

先週末に動いた銘柄 part2:博展、シダーなど


銘柄名<コード>⇒18日終値⇒前日比

東邦チタ<5727> 988 -71
非鉄金属市況の下落などもマイナス視へ。

航空電子<6807> 1770 -94
電子部品の一角にはスマホ生産調整の影響懸念が続く。

日写印<7915> 2399 -141
電子部品株下落の影響など波及も。

ヤクルト<2267> 5960 -300
モルガン・スタンレーMUFG証券では目標株価を引き下げ。

ベルシステム24<6183> 1165 -65
安値更新で手仕舞い売り圧力強まる。

東京建物<8804> 1372 -61
不動産の一角には決定会合通過後の警戒感も。

ミネベア<6479> 1075 -57
液晶バックライトの先行き懸念など依然拭えず。

伊藤忠<8001> 1429.0 -69.0
資源価格の下落など映して海外投資家の売りか。

日本通信<9424> 278 -17
信用買い方の処分売りなどが引き続き優勢か。

日新電機<6641> 971 -41
当面のショートカバーなど一巡感も。

イオンモール<8905> 2131 -88
戻り売り圧力など需給主導か。

村田製<6981> 17365 -830
ハイエンドスマホの生産調整の影響懸念で。

三菱重工業<7011> 551.5 -20.0
引き続きMRJの引渡し延期などがマイナス視される。

三菱マテ<5711> 391 -9
非鉄金属市況の下落がネガティブ要因に。

アルプス<6770> 3245 -130
引き続き電子部品株には売り圧力強い。

日本航空<9201> 4190 -5
原油市況の下落が評価材料に。

フライトHD<3753> 463 +21
フィンテック関連として関心向かう展開にも。

ラオックス<8202> 220 -20
11月の増収率鈍化を嫌気。

ミクシィ<2121> 4635 -395
東海東京証券が投資評価を「ニュートラル」に引き下げ。

博展<2173> 563 +51
ロボット関連として関心も。

メッセージ<2400> 2854 +500
損保JPNK<8630>が同社を買収する方針と報じられる。

シダー<2435> 313 +60
介護業界再編の思惑も。

ラクーン<3031> 547 +80
後払い決済サービス「Paid」がLINE@に対応。

リアルワールド<3691> 2125 +400
bitFlyerとビットコインへのポイント交換で提携。

PATH<3840> 171 +22
決済代行事業を手掛けフィンテック関連物色が向かう。

アイリッジ<3917> 5120 +705
引き続きテックビューロとの事業提携を材料視。

トレイダーズ<8704> 148 -29
米利上げやフィンテック関連との見方で前日急伸した反動。

アパマンショップ<8889> 1266 +185
民泊関連として人気強く切り返し。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均