市場ニュース

戻る
2015年12月20日09時00分

【注目】今週の「妙味株」一本釣り!  ── 象印

象印の日足チャート 「株探」多機能チャートより

●象印 <7965> [東証2] 【目標株価】2000円(18日終値1858円)

「免税店向け炊飯ジャーが拡大」

 調理用家電やリビング用品の専業大手で、炊飯ジャーでは国内はもとよりアジアを筆頭に海外でも高いブランド力を誇る。

 中国を中心に訪日外国人旅行者が高水準を続けるなかで、免税店向けの炊飯ジャーの販売が拡大、中国現地でも店頭イベントの積極展開で好調を続けており、集計中の15年11月期業績は、連結営業利益で98億円(前期比66.8%増)と大幅増益を見込む。既に第3四半期累計(14年11月21日-15年8月20日)で79億400万円を計上しており、進捗状況から通期予想は上ブレの期待も高まる。

 株価は11月26日に2088円の年初来高値を更新後、調整を続けていたが、12月16日には50日移動平均線を下回る1715円まで下落した。その後は1800円台まで戻している。好実態評価なら2000円までの戻りがありそうで、時価近辺は見直せそうだ。


●タケエイ <2151>  【目標株価】1400円(18日終値1029円)

「東京五輪などの案件獲得に期待」

 上期の業績減速などから秋以降、株価は下落したが、下期以降は利益率が改善傾向にある。都市再開発などに関連した建設廃棄物処理業務の増加に加えて、子会社の合併効果などが寄与する見通し。また、来期以降は東京五輪関連や豊洲新市場などに関連した案件も期待でき、業績は再び成長基調へ向かいそうだ。

 株価は11月11日安値987円で底を打った後も底値圏でのもみ合いとなっている。ただ、業績回復期待に加えて、PER面での割高感にも乏しいことから戻り余地は大きく、時価水準は下値拾いの好機と捉えたい。

株探ニュース

日経平均