6146 ディスコ 東証1 11:10
24,440円
前日比
+90 (+0.37%)
比較される銘柄: アドテスト東京精東エレク
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
26.8 4.58 1.22 2.98

銘柄ニュース

戻る
2016年11月10日11時13分

ディスコ急反騰、3次元NAND効果で来期2ケタ成長トレンドへ復帰

 ディスコ<6146>が急反騰、一時1000円を超える上昇で前日の下げの倍返しの戻り足をみせ、2000年10月以来16年ぶりの1万3000円台乗せとなった。

 半導体チップをウエハーから切り取る半導体切断装置の世界トップメーカーで、3次元NAND型フラッシュメモリーなど高水準のメモリー向け投資需要や中国の半導体産業育成政策などが収益機会をもたらせている。17年3月期は円高の影響から営業利益段階で16%減益を見込んでいるが、上方修正され減益幅が縮小する公算が大きい。また、18年3月期については3次元NANDの普及に伴い消耗品の伸びが収益に貢献する見通しで、市場では2ケタ増益転換の可能性も指摘されている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均